栃木/宇都宮で人事労務に特化した社会保険労務士法人が「経営者と労働者の人事労務のお悩み」をゼロにするお手伝いをいたします

事業承継について相談したい方へ

安心安全な事業承継に向けて

「人事労務」を見える化しませんか?

事業承継について、このような悩みはございませんか?

・事業承継を考えているが、労務管理を適切にできているか不安である

・事業承継後、後継者が従業員とトラブルにならないだろうか?

・後継者が安心して経営できるように労務管理について事前に整備しておきたい

・度重なる法改正に会社が対応できているのか現状を把握しておきたい

・顧問社労士から事業承継について提案がない、事業承継に対応してくれるか不安である

事業承継時の労務管理不備時のリスクとは

労務管理ができていない状態で事業承継を実施した場合、様々なリスクがあります。

未払い残業代を請求される

先代経営者時代に、残業代が未払いとなっている場合、事業承継後も従業員に未払い残業代を支払う義務があることに変わりはありません。従業員から未払い残業代を請求された場合には、支払いや労働基準監督署からの行政指導を受ける可能性があり、後継者に負担が生じます。後継者が安心して経営できるように、未払いとなっている残業代は無いのか確認することは必須と言えます。

就業規則・36協定が実態と合っておらず、法律違反となっている

就業規則や36協定(時間外労働・休日労働に関する協定届)は、会社の実態に沿って作成する必要があります。実態とは異なる就業規則や36協定を引き継いだ場合、法律違反に繋がることもあり、リスクがあります。事業承継をする前に、実態と各種規程に差異がないのか改めて確認し、修正することを推奨いたします。

従業員との労使トラブルの原因に

従業員との雇用契約は、事業承継を実施した後も変わらずに継続されます。しかし、事業承継前の雇用契約に問題がある場合は、当然その状態も引き継がれますので労使トラブル発生の原因になります。

事業承継をする前に必ず確認しておきたい5つのチェックリスト

思わぬトラブルに巻き込まれないために、貴社の労務管理の状況が以下のようなケースに当てはまる場合は、まずは一度当事務所にご相談ください。

・就業規則や各種諸規程を作成しているか?

・就業規則や各種諸規程は会社の実態に合わせて見直しをしているか?

・各種労務管理上必要な規程や協定書は労働基準監督署へ届出しているか?

・従業員を採用する際に、雇用契約書を作成・締結しているか?

・残業代の計算や支払い(労働時間の集計・残業計算単価)は適切にできているか?

執筆者情報
社会保険労務士法人アミック人事サポート 代表社員 高橋友恵
保有資格社会保険労務士
専門分野人事労務
一言2004年アミック労務管理事務所を開設。2011年に株式会社日本医業総研にて人財コンサルティング部マネージャーとして人事コンサルティング・接遇講師・院内業務改善コンサルティング等を実施後、2016年に社会保険労務士法人アミック人事サポートを設立。予防提案型の労務管理支援を得意とし、開業から事業承継までこれまで300件以上の関与実績がある。日経ヘルスケア・クリニックばんぶう・ナースマネージャーなどの雑誌での執筆やセミナー講師歴も多数。「経営者と労働者が抱える人事労務の悩みをゼロに」をモットーにお客様に寄り添った人事労務サポートを行っている。
本件に関する無料相談はこちら

労務サービス

無料診断サービス

労務相談のご予約はこちらから 労務相談のご予約はこちらから

028-908-4413

受付:平日 9:00〜17:00

アクセス

PAGETOP