社会保険労務士法人アミック人事サポート|栃木県宇都宮市で人事労務に特化した社労士

2023年の最新トレンド:リモートワークと人事管理の改革

2023.07.31 コラム

栃木県を中心に、企業の労務管理を支える社会保険労務士法人アミック人事サポートです。今回は、2023年の最新トレンドとして、リモートワークと人事管理の改革について解説します。

事業主の皆さまは、ご参考にしていただければ幸いです。

目次

 

リモートワークの現状と影響

今や社会の中心的な働き方となったリモートワーク。その現状と、我々の働き方、生活に与える影響について詳しく見ていきましょう。

新型コロナウイルスの影響とリモートワークの増加

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業がリモートワークを導入しました。働き方は大きく変化し、通勤時間の削減や柔軟な働き方が可能となりました。

リモートワークのメリットとデメリット

リモートワークは、自由度の向上や生産性の向上などのメリットをもたらしますが、一方でコミュニケーションの困難さや自己管理の難しさなど、新たな課題も生まれています。

それぞれの企業、そしてその中で働く個々の従業員にとってリモートワークは、さまざまな形で影響を及ぼします。今回はリモートワークのメリットとデメリットを分析し、それぞれを詳細に掘り下げてみます。

ステップ1:リモートワークのメリットを理解する

1.通勤時間の節約

物理的なオフィスへの通勤がなくなることで、その時間をより生産的な活動に使うことができます。東京のような大都市では通勤時間は一日の中で大きな部分を占めているため、リモートワークは時間の節約となります。

2.柔軟なスケジューリング

自宅で働くことで、仕事と個人生活を自分自身のペースでバランスさせることが可能となります。例えば、昼間にジョギングをしたり、子供の学校行事に参加したりといった自由度が増します。

3.コスト削減

企業にとっては、オフィスの維持管理費用を節約できます。また、従業員にとっては交通費やランチ代などの日常の出費を削減できます。

ステップ2:リモートワークのデメリットを理解する

1.コミュニケーションの難しさ

フェイス・トゥ・フェイスでの直接的な対話がなくなることで、情報の伝達や感情の共有が難しくなることがあります。リモートワーク導入後、社員間の情報共有が困難となったことで、プロジェクトの進行速度が遅くなる事例もあります。

2.私生活の境界線の曖昧さ

自宅で仕事をすると、プライベートと仕事の間に明確な区別がつきにくくなります。リモートワークにより、昼休み中や終業後すぐに仕事を再開する社員が増加し、これがストレスや過労を引き起こすことがあります。

3.孤独感

チームと物理的に離れてしまうと、孤独感を感じることがあります。これは特に、社交的な環境でエネルギーを得るタイプの人にとっては大きな課題となり得ます。

ステップ3:メリットとデメリットを比較

以下の表でリモートワークのメリットとデメリットを一覧にしました。

リモートワークを成功させるには、これらのメリットを最大化し、デメリットを最小化する戦略が必要です。

 リモートワークが企業文化に与える影響

企業文化は社員の行動や意識を形成しますが、リモートワークの導入により、その形成方法も変わってきました。オフィスでの直接的なコミュニケーションから、オンラインでの間接的なコミュニケーションへと変化しています。

 

人事管理の新たな課題

リモートワークの普及により、人事管理にも新たな課題が生まれています。ここではそれらの課題と、その対応策について考察します。

リモートワークによるコミュニケーションの問題

リモートワークでは、面と向かってのコミュニケーションが難しくなります。この問題を解決するためには、新しいコミュニケーションツールの導入や、定期的なオンラインミーティングなどが有効です。

パフォーマンス管理の変化

オフィスでの作業からリモートワークへの移行により、パフォーマンスの評価方法も変わってきました。出勤時間や作業時間に基づく評価から、成果に基づく評価へとシフトしています。

労働時間管理の新たな課題

リモートワークでは、働く場所と私生活の場が同じであるため、労働時間の管理が難しくなります。長時間労働の防止や適切な休憩の確保など、新たな管理方法が求められています。

 

最新の人事戦略とリモートワークの取り組み

リモートワークの導入に伴い、人事戦略も変化を遂げています。新たな課題に対応するための最新の戦略とは一体どのようなものでしょうか。

リモートワークのエンゲージメントを高める戦略

リモートワークでは、社員のエンゲージメントを保つことが課題となります。エンゲージメントを高めるためには、目標設定の明確化、フィードバックの頻度向上、社員のメンタルヘルスケアなどが重要です。

デジタルツールの活用

デジタルツールの活用は、リモートワークにおけるコミュニケーションや業務効率化に大いに役立ちます。具体的には、オンライン会議ツール、タスク管理ツール、コラボレーションツールなどがあります。

社員のメンタルヘルス管理

リモートワークによる社員の孤独感やストレスは、企業の生産性に大きな影響を及ぼします。定期的なチェックイン、メンタルヘルスケアの提供、フレキシブルな勤務体制の導入など、社員のメンタルヘルスを支える取り組みが求められています。

 

実践事例:リモートワークと人事管理の改革

リモートワークと人事管理の改革を実践する企業はすでに数多く存在します。その先進的な取り組みを学び、我々の組織でも適用できる部分を見つけてみましょう。

企業の先進的な取り組み

厚生労働省ではテレワークの導入・実施により、ワーク・ライフ・バランスの実現を図るとともに、他社の模範となる取組を行っている企業等を表彰しています。

令和4年度はアフラック生命保険株式会社が受賞されていました。

アフラック生命保険株式会社の取り組み

令和4年度テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰~輝くテレワーク賞~事例集より抜粋してご紹介致します。

 

中小企業における人事戦略の変化

中小企業でも、リモートワークを活用し、社員のワークライフバランスを改善する取り組みが見られます。これにより、社員の満足度や生産性が向上し、組織全体の成果につながっています。

先ほどの令和4年度テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰~輝くテレワーク賞~事例集では中小企業における事例も記載されていますので、是非ご参考になさってください。

成功事例から学ぶポイント

成功した企業の共通点は、リモートワークにおける新たな課題に対する明確な対策と、社員一人ひとりの働きやすさを重視する姿勢です。このような考え方を取り入れることで、我々の組織もリモートワークの成功に近づくことができます。

 

 法律と規制の観点から見たリモートワークの管理

リモートワークの実施には法律と規制の観点も重要です。最新の動向を理解し、適切な対応をすることで企業は社員の満足度向上とともに法令遵守も図ることができます。

リモートワークにおける法律と規制の最新動向

2023年現在、リモートワークに関連する法律や規制が見直され、更新されることが増えています。特に労働時間や健康管理、データ保護については注意が必要です。適切な情報を入手し、適切な対応を行いましょう。

具体的な法律とそれぞれの対策について、解説していきます。

労働時間管理:労働基準法の適用

日本におけるリモートワークに関する法律の一つに労働基準法があり、労働時間に関する内容が該当します。厚生労働省は「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」を公表し、労働時間の管理について明確なガイドラインを示しています。リモートワークを実施する企業は、このガイドラインを基に、従業員の労働時間を適切に管理し、過重労働を防ぐように努める必要があります。

健康管理:労働安全衛生法の適用

次に、健康管理についてです。リモートワークは、働く場所が自宅などになるため、従来の労働安全衛生法の下での健康管理が難しくなります。しかし、法律は「労働者の健康を確保する義務」を明記しており、企業はリモートワークでもこれを遵守する必要があります。

データ保護:個人情報保護法の適用

最後に、データ保護についてです。個人情報保護法は日本におけるデータ保護の基準を定めていますが、リモートワークでは従業員が個人の端末で業務を行うこともあり、データ漏洩のリスクが増えます。企業はデータの管理体制を強化し、リモートワーク環境での情報漏洩を防止するための教育を従業員に実施することが求められます。

これらの規制とその対策を理解し、適切に対応することで、企業はリモートワークを法律遵守のもとで効果的に運用することができます。これからも法律の動向を注視し、法令に即したリモートワークの運用を心がけましょう。

適切な労働環境の整備

リモートワークでは、自宅が労働環境となります。これにより、労働基準法における労働環境の適切な整備が問われることとなります。企業としては、社員の自宅環境を確認し、必要な支援を提供することが求められます。

法令遵守のための実践的アドバイス

法令遵守を確実にするためには、以下のような対応が有効的です。

 

  1. ・労働時間の適切な管理: タイムカードなどの時間管理ツールを導入する
  2. ・社員の健康管理: メンタルヘルスに配慮した制度を導入し、社員の健康を維持する
  3. ・データ保護: サイバーセキュリティ対策を強化し、リモートワークにおける情報漏えいを防ぐ

 

未来予測:リモートワークと人事管理の進化

リモートワークと人事管理の未来はどのように進化するのでしょうか。これからの予測を見てみましょう。

リモートワークの将来性

リモートワークは一過性のものではなく、これからの働き方の一つとなるでしょう。より良い働き方を追求するために、リモートワークを適切に活用することが重要です。

人事管理の未来像

人事管理もまた変化します。リモートワークによる働き方の多様性を受け入れ、個々の働きやすさを最大限に引き出す新たな管理手法が求められます。

AIと自動化がもたらす影響

AIと自動化技術は、人事管理にも大きな影響を与えます。特に採用、パフォーマンス管理、研修などの分野で、より効率的かつ精密な対応が可能となるでしょう。

 

まとめ

これまで見てきたように、2023年のリモートワークと人事管理の改革は様々な側面を持っています。

リモートワークの現状、人事管理の新たな課題、先進的な取り組み、法律と規制の動向、そして未来予測を理解することで、新たな働き方に対応するための具体的な戦略を描くことができます。

本記事をもとに、企業でのアクションプランを立ててみてください。具体的な取り組みを始めることで、リモートワークの成功に向けた一歩を踏み出すことができるでしょう。

リモートワークにおける定めるべき内容について難しいと感じた場合は、プロにご相談することをおすすめ致します。

社会保険労務士法人アミック人事サポートでは、リモートワークの制度設計に詳しいプロがご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

アミック人事サポートに相談してみる

最新のお知らせ・セミナー情報

  • 2023.10.25 コラム
    【続報】2023年10月から変わる「年収の壁」について社労士がわかりやすく解説!
  • 2023.09.29 コラム
    【速報】年収130万円超でも2年まで扶養に!
  • 2023.08.29 コラム
    「雇用契約の最適化: 2023年における契約形態とリスク管理」
  • 2023.07.31 コラム
    2023年の最新トレンド:リモートワークと人事管理の改革
  • 2023.06.23 コラム
    アルバイトの労働条件を確認しよう!方法から留意すべきポイントまで詳しく解説

労務サービス

無料診断サービス

労務相談のご予約はこちらから 労務相談のご予約はこちらから

028-908-4413

受付:平日 9:00〜17:00

アクセス

PAGETOP